綿棒から考える、地球に優しい暮らし方

突然ですが、みなさん日常的に綿棒は使いますか?

私は、化粧や耳のお手入れによく使うので、数日は使わずにいけても、数週間経つと「耳が気持ち悪い!」となるタイプなのですが、(そんなことはどうでもいい) まさかイタリアに来て、綿棒を手に入れるのにここまで苦労するとは思ってもいませんでした。(30件目くらいの小さなスーパーでやっとゲット)

綿棒が売ってないないイタリア。なぜ。

欧州では、欧州議会の決定によりストローやコップをはじめとし、綿棒も(!)プラスチック削減のため使用が禁止されているのです。(日本語BBC

海洋生物の保護のために、欧州加盟国は2029年までにペットボトルの90%の収集目標を達成する必要があり、2025年までに少なくとも25%、2030年までに30%の削減を目指しているそうです。 その取組の一貫として、2019年に以下のプラスチック製品の使用を禁止することが議会決定されました。 ・使い捨てプラスチックカトラリー(フォーク、ナイフ、スプーン、箸) ・使い捨てプラスチックプレート ・プラスチックストロー ・プラスチック製の綿棒スティック ・プラスチック製のバルーンスティック ・オキソ分解性プラスチックおよび食品容器と発泡スチロールカップ

法律は最終的に、プラスチック製のコップ、ウェットティッシュ、生理用ナプキンなどの他の製品と同様の対応をしていく予定があるそうです。

私が一番びっくりした点は、食事に関するコップやストローならまだしも、生理用ナプキンや綿棒など衛生用品にまで影響が及んでいるところです。

個人的な感覚としては、衛生用品は「他すべてのものを減らしてもなお対応が必要な際」に手を付ける印象なのですが、事態はそういうフェーズなのかもしれないと、日本にいる頃には抱かなかった危機感を抱くようになりました。

イタリアの分別

日常生活でプラスチックを使用する機会は、意識せざるを得ないほどに減りました。 生鮮食品のパッケージ、洗剤や包袋はほとんどが紙製です。 レジ袋やペットボトルはすべて再生可能なプラスチックを使用します。 f:id:mihorunrun:20211118070708j:plain

不必要にプラスチックのケースを用いてテイクアウトを提供するお店は、Googleレビューで批判されます。

私が利用したテイクアウトのお店(レビュー数1500件もある人気店)では

Couldn't you replace all that plastic with compostable containers?

というコメントとともに、★2の評価をされていました。 レビュー欄にプラスチック面で酷評されているのを、日本では見たことがない気がする。

美しい欧州

研究や仕事に追われながらも、イタリア国内やフランスなどできる限り多くの地を訪れています。 どこの自然も美しく、海も川もお水の透明度が段違いです。 これも、欧州各国・国民の意識の高さゆえだなと、見る度に実感します。

決して美しいとはいえない東京の海や川。帰国後、日本で自分が生活する中でできることを考えていきたいです。

f:id:mihorunrun:20211118071509j:plain
お水が透明すぎて鴨が浮いて見える

同じ地球をシェアしているのに、これまでプラスチックの排出量を意識してこなかった自分の過去の態度や考えが恥ずかしく、 少しでも、地球に住む一人の人間として、地球に優しく生きていたいと日々考えさせられる毎日です。

脱炭素やESG投資

最近は日本でも、サステナビリティや脱炭素、ESG投資といったワードが目立つようになってきたと(日本のニュースを見ながら)感じます。

地球に優しい企業が、これから生き残っていくのかもしれません。

イタリアでの生活を機に、エネルギー・環境政策にはかなり興味を抱いてきています。おすすめの本や教材などあれば教えてください☺ 以下はまだ読めていない積読たちです。

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

次は、研究か仕事のことを書きたいと思ったり、いやでもニースやモナコ、イタリアの旅のことも書きたいと思ったり、下書きばかりが増えるブログになりつつあります笑

Ciao Ciao!

ミラノ生活:ワクチンパスポートや旅行事情など

今日のテーマ

ミラノに住んでいるというと、一番多く聞かれるのが「コロナとかどういう感じ?」です。

そこで今回は2021/10/22 18:00(ローマ時間)時点での現況を書いてみます。 規制は日々変化するので、ここに書いていることを鵜呑みにせず、 イタリアで過ごす機会がある方は、個々人で責任を持って調べていただくようお願いします。


私が普段参考にしているページ


私は現在、ミラノのNavigli地区に住んでいます。*1 運河が流れていて、とっても美しい街です。 運河沿いは、夜はレストランのテラス席で溢れ、人もたくさんいます。 f:id:mihorunrun:20211023170438j:plain

ゾーン管理とグリーンパスについて

ミラノは現在イタリアのゾーン管理上、ホワイトエリアにあたり、特に外出規制等はありません。 日本のように、レストランの閉店時間規制もない(たぶん)ので、朝方まで飲んでいる人もいます笑

レストランの屋内や公共交通機関の利用、大学エリアへの立ち入り等にはワクチンパスポート(イタリアでは通称グリーンパス)が必要です。 レストランの屋外(テラス席等)は特に求められません。 確認のされ方は結構グラデーションがありますが、正式には利用者全員がグリーンパスの所持を確認される決まりになっているかと思います。 私は飛行機に乗る前や特急列車の中、カフェの店内に入る際、美術館入館の際などに確認を求められました。

日本のワクチン接種証明書とグリーンパス

イタリアのグリーンパスは、日本のワクチン接種証明書があれば作成することができます。 私も、日本でワクチンを2度接種し、イタリアのグリーンパスを申請しました。

日本のワクチン証明書でも規制上はイタリアで通用すると聞いているので問題なく過ごすことができるはずですが、 私はイタリア入国時からグリーンパスを所持していたので、イタリアで日本の証明書を使用することを試した経験はないです。

デパートや飲食店など、「室内」エリアをもつ商業施設の方は、このグリーンパスに印字されるQRコードを専用のアプリ?で読み取り、本物のグリーンパスであるかどうかを確認しているようです。

日常生活や旅行

イタリアでは、どんどんグリーンパスを持っていないと、生活の自由度が下がっていっているので、最近はこれに関するデモが起きたりしているようです。

とはいえ、グリーンパスを持っていたら、生活はほぼコロナ前と同じです! 飲んだり食べたりはかなり自由にできますし*2 、センシティブな雰囲気でもなく食事の場を楽しめています。 f:id:mihorunrun:20211023170520j:plain

ワクチンパスポートを持っていれば、EU圏内の移動規制もかなり少ないので、EU内旅行はかなり気軽にできている状況です。 ミラノのDuomo前も観光客でいっぱいで、土日は歩くのにも(人が多くて)苦労するほどです。 コロナ前はもっと混んでたんだろうな・・・想像したくもないですが笑 f:id:mihorunrun:20211023170558j:plain

私もすでに数箇所国内をめぐりましたが*3 、月末にはニース(フランス)にも行く予定を立てています。

f:id:mihorunrun:20211023170641j:plain

フランスへの入国は、ワクチンパスポートと、自己宣言書のようなものが必要になりますが、これ以外は特に規制なく過ごすことが(現時点で)できます。EU内でも国によって厳しい規制を敷いている国もあるようなので、旅行先によっては不自由があるかもしれません。

まとめ

そんなこんなで、想像していたよりも、楽しみもたくさんある留学期間になっています。 最近は仕事と研究でもっぱら家はおろか、部屋からも出ない生活ですが笑、時々息抜きしてヨーロッパ生活を楽しもうと思います☺

Grazie!

*1:ほぼ毎日ここから写真を撮ってしまいます

*2:ミラノ工科大の学生と日本食ラーメンを楽しみました。沁みた。。

*3:世界遺産にもなっているチンクエテッレに弾丸旅行してきました

社会人をしながら交換留学でミラノに住んでいる話

ブログはじめてみます

以前から140字には収まらないことを発信する場所が欲しかったのですが、いろいろと悩み進まず。やっと開設にいたりました。 今回は、タイトルの通り、日本の会社で働きながらミラノに留学に来ている話を書こうと思います。

社会人大学生

私は現在慶應義塾大学大学院のシステムデザイン・マネジメント研究科の修士課程に所属しています。 受験当初はMBAへの進学を考えていたのですが、テックマネジメントおよび広義のデザインに興味があったので、それらが学べそうなこちらの研究科を受験しました。 社会人大学院にいこうと思ったきっかけは「ああ私はこれから独りで生きていかなければなんだな」ということと「職業や仕事の選択における自由度を上げたい」ということを考えたからなのですが、長くなるので別の機会で書こうと思います。文字面ほど暗い話じゃないので安心してください。

交換留学中でミラノに在住

所属する慶應の交換留学制度で現在ミラノ工科大学に在籍させてもらっています。 元々受験時から、留学制度をもつ修士プログラムを探していたのですが、ちょうど入学時からCOVID-19状況下となり、、、 なんとか修士2年生の最後のセメスターで、念願の留学に来ることができました。

ミラノ工科大学ではEngineering Managementコースを選択しており、私はMBAの授業であるInnovation関連の授業を取っています。 工科大学ということもあり、テック企業を題材にしたイノベーション創出に関する理論や、私の専門であるヘルスケア領域におけるイノベーション創出に関して学んでいます。 特にStrategic Innovationという授業では、主に大企業におけるイノベーション創出に関する理論を学んでいますが、間接的にスタートアップ企業に関する特徴や在り方、世の中への影響を俯瞰して学ぶことができ、自分の置かれた環境ともリンクしやすく、大変学び深い時間となっています。

また、ミラノ工科大学はインタラクティブな授業を重視し、政府規制を守りつつ、現地での授業実施を積極的に実施しています。現在、クラスの9割程度の学生は現地で授業を受けています。(国によってワクチン供給が追いつかない学生のために、新入生に対してワクチン接種をする体制も整っており、気合を感じました。) 慶應での学生生活は、9.99割オンラインでしたので、ここに来てキャンパスに通うことができ(慶應ではないのが残念ですが)喜びもひとしおです。

f:id:mihorunrun:20211014020209j:plain
ミラノ工科大学

留学中も社会人してます

所属する慶應の研究科は社会人大学院のため、M1から留学まではフルタイムで仕事をしながら学生をしていました。 社会人大学院生は大変ですが、気合でどうにかなります。

一方、欧州に留学となると、「え、それできるんだ」となると思いますが、これはひとえに家族と所属企業の理解のおかげでしかありません。 私は仕事でプロジェクトをリードする立場にあるのですが、個人の我儘を受け入れてくれるチームメンバーをはじめとするアイリスの皆さんに本当に感謝です。 留学先は社会人大学院ではないため、授業もなかなかのボリューム。そのため、現在は稼働ペースもフルタイムから落とし、時短 & 時差 & 欧州から勤務というトリプルハードモードでやらせていただいていますが、キャリアを中断させずに海外で学べる環境というのは非常にありがたいなと思います。 なお、留学にあたって、特にアイリスのコーポレート部には本当にお世話になっています。一人の我儘によりたくさん仕事を増やしてしまいましたが、労務面や税関連などはもちろん、精神面でも多くサポートいただき感謝しかありません。安全に無事に帰り直接お礼をお伝えしたい。

家族にも感謝

前述の通り稼働ペースを落とし、家計は苦しくなる(のと、夫1人には広すぎる家だった)ので、夫と相談して住んでいたマンションは解約しました。 そして夫は私の実家(@東京)に住んでいます笑。 ますおさん状態(しかも妻不在)という他人からはなかなか理解されない状況ですが、この状況を受け入れ、応援してくれる夫とそして両親たちには感謝です。いつか夫が破天荒なことを言い出しても、私も全力で応援したいと思います!

まとめ

周りのサポートのおかげで成り立っている今の状況なので、あまり再現性はないかもしれません。

実は、大学院進学と留学は、社会人1年目から頭の片隅に「いつかしたい」と置いていた目標でした。 社会人7年目になるいままで、絶えずここに向かって努力したかというと決してそうではないのですが、直接的な努力はしてなくても意識/無意識的に種まきをしていれば、準備ができたとき叶うものだなと(結果論ですが)思いました。

いまも次の目標を頭の片隅に置いて、次の種まきをはじめています。

なにか参考になれば嬉しいです。

f:id:mihorunrun:20211014020314j:plain
住んでいるNaviglio地区。本当にきれいな街です